痛風を事前に予防する方法【プリン体抑えて健康体】

食事だけでは摂取が難しい

栄養補助剤

サプリはとても便利な栄養摂取方法となるのですが、生活習慣も改善させることにより、サプリの効果を高めることにもつながります。ただ、毎日多くの栄養を摂取するには不可能な成分もあり、そのような成分はサプリを利用することにより、効果的な肝臓ケアができます。

詳細を確認する...

納豆の酵素がもたらす効果

夫婦

ナットウキナーゼは納豆のネバネバに含まれている酵素で、血液中にできた血栓を溶かす働きがあります。食生活や生活習慣の悪影響によって出来た血栓を溶かし血液の流れを良くします。これによって高血圧や動脈硬化を予防する効果があります。特に、納豆が苦手な方はナットウキナーゼのサプリメントがお勧めです。

詳細を確認する...

発症や進行を防ぐ健康食品

運動

完治させることが困難

全ての生物は、細胞で構成されていますし、細胞の中には、分裂の際に使われるプリン体が存在しています。そのため人間は、肉類や魚類などの生物を食べることで、そこに含まれているプリン体も摂取しているのです。そして消化吸収の過程で、プリン体からは尿酸が作られます。尿酸は通常は尿として排出されるのですが、プリン体の摂取量が多いと体内に残りますし、それが増えると徐々に塊になっていきます。しかも針のような形となるので、尿酸が特に多くたまっている部位は、刺激により炎症を起こしやすくなります。これがいわゆる痛風で、いったん発症すると、完治させることは困難とされています。そのため痛風は、プリン体の過剰摂取を控えたり、尿酸の蓄積を防ぐ成分を摂取したりといった工夫で、予防することが肝心とされています。

フコイダンやクエン酸

尿酸の蓄積を予防する成分には、具体的にはフコイダンやクエン酸などがあります。先述したように尿酸は尿によって排出されるのですが、尿が酸性の場合は、そこにうまく溶け込んでいくことができません。溶け込まないということは排出されないということですから、それにより蓄積し、痛風の発症リスクが高まることになるわけです。しかしフコイダンやクエン酸を摂取すると、尿がアルカリ性に傾くことになります。すると尿酸は溶け込みやすくなりますし、その結果、蓄積や痛風の発症が予防されやすくなるのです。さらに、利尿作用のあるお茶も、痛風の予防に有効とされています。利尿作用によって、尿の量や回数が増えれば、それだけ尿酸が排出されやすくなるのです。これらを日常生活にうまく取り入れることで、痛風を発症した人でも、進行を食い止めることが可能になります。

健康を取り戻しましょう

さぷり

糖尿病のサプリの人気の理由として、飲みやすさや表示の分かりやすさが挙げられます。そして、注意点では、用量を守ることや適切なサプリを選ぶことが大切になります。分からないことがあれば、薬剤師や医師に相談することが重要です。

詳細を確認する...